不動産

安定した不動産経営なら

不動産投資で失敗することに不安に思っている人に必見です。みんなで大家さんはリスクが低いので確実に資産を増やすことができますよ。

住宅経営を上手く進めるためにもサブリースに任せておこう。入居者との手続きや物件の美化を管理してくれます。

出資口数に応じた利益分配

みんなで大家さんは、不動産投資を実施している会社です。通常、投資には日々の評価額の変動が生じます。その変動がマイナスに変動すると、大きな損失を被ります。そこで、みんなで大家さんでは、不動産シェアリングという形で投資を実施しています。不動産シェアリングとは、出資口数に応じて利益を分配するしくみです。このような工夫をすることで、安定した利回りの資産運用が実現できます。また、不動産の管理に対する負担が軽くなるメリットがあります。個人で不動産のオーナーになると、セキュリティや改修などのスケジュールを立てて実行する必要があります。しかし、みんなで大家さんは、委託した管理会社が物件の管理を請け負います。そのため、不動産の管理業務が不要です。
投資にリスクはつきものです。しかし、みんなで大家さんでは、投資による損失を最大限に抑えるしくみを設けています。それば、みんなで大家さんが人気の理由です。その一例として、優先劣後システムを導入が挙げられます。このシステムは、賃料の値下げによる収益の減少分を営業者の出資金の範囲内で補う内容です。そして、営業者の出資金を拠出しても足りなかった場合にのみ、出資者の出資金を利用します。そのため、出資者の分配金や元本の減少を最大限に抑える効果があります。また、みんなで大家さんの不動産投資では、投資金額にかかわらず2ヶ月ごとに分配金の受け取りが可能です。短いサイクルでの分売金を得られるので、早期に利益を手にすることができます。

経営のリスクをチェック

マンション経営の費用リスク:マンションの購入を検討されている方であれば、物件価格の他にどのような費用がかかるか気になることでしょう。投資用マンションを購入する際には以下のような費用がかかります。
空室リスク:マンション経営の魅力の一つとして家賃収入があるでしょう。もし空室となって家賃収入が入ってこない月であってもローンの返済をしなければならず負担が大きくなってしまうので、空室になるリスクを避けたいとろでしょう。 そのように考えて空室率でマンション経営会社を探している方も少なくないのではないでしょうか。マンション経営においての最大のリスクと言われる「空室リスク」を回避するため、どんな物件が空室になりやすいかみてみましょう。

リスク回避のヒント

一般的には次のような物件が空室になりやすいといえます。
「立地が悪い」駅から遠かったり、駅から近くてもその駅が比較的乗降者数が少ない駅である場合には立地が悪いといえるでしょう。「建物が古い」「部屋の間取りがニーズと合わない」「環境が良くない」ですから空室になりにくい物件を知って購入することで空室リスクを回避することができます。具体的に次のような物件が空室になりにくいといえます。「利便性のいい物件」「需要がある場所の物件」「競合物件と差別化できる物件」「管理がキチンとされている物件」
・家賃滞納リスク:マンション経営をしようとして気になるリスクの一つに、「入居者が家賃を滞納したらどうしよう」ということがあるのではないでしょうか。家賃滞納があると想定した利回りとならず、損してしまう可能性があります。きちんと家賃収入が毎月入ってくれば、入って起きたお金から支払いを差し引いて利益が出ることがありますが、家賃滞納で家賃収入がなくとも費用は支払わなければならないので、月次の収支がマイナスになってしまいます。
・家賃下落リスク:マンション経営は、毎月に安定した家賃収入が大きな魅力だと感じられる方が多いでしょう。しかし、状況に応じて家賃が下がってしまう可能性もあります。
・金利上昇リスク:マンション経営のためにマンションを購入した際に、融資を受けてご購入される方が多いのではないでしょうか。 その場合は、毎月の安定した家賃収入で、ローンの返済をしていくやり方が一般的だと思いますが、変動金利型を選択した場合、返済期間中に金利が上がると支払いが増えていきます。現状固定金利型より変動金利型の方が金利が低いので変動金利型を選びたいと思う方が多いと思われますが、金利上昇リスクは避けたい所でしょう。
・運営費用リスク:マンション経営で費用がかかるのは購入時のイニシャルこコストだけではありません。所有時にも借り入れして購入した場合のローンの返済はもちろん、その他税金などの費用がかかります。
・火災リスク:マンション経営に、火災による建物の焼失もリスクの一つとして挙げられます。ご購入された物件が、入居者の不注意による出火、近隣建物からの類焼など、オーナー様ご自身で防ぎきれない部分が多くあります。ちなみに火災リスク回避する方法としては「火災保険加入」「入居者の火災保険加入状況認」「信頼できる建物管理会社に任せ火管理徹底」「火災に強いコンクリート造のマンションを選定」「.無料の火災保険の一括請求活用」以上の4つの種類があります。
・天災リスク:地震大国の日本において、 ほかの国に比べて建物の耐震技術はかなり優れているとは言え、地震や津波などの天災リスクはないとは言えません。もし、地震によって建物が破損、倒壊すれば家賃収入が得られなくなります。天災である以上、完全に防ぐことは難しいですが、被害を軽減する方法があります。具体的には「 地震保険加入」「 地震に強い物件購入」などが該当します。
・賃貸管理会社倒産リスク:マンション経営は不動産賃貸管理会社に賃貸管理の委託をお願いしている場合がほとんどでしょう。般的に管理会社が倒産することは考えにくいのですが、起きてないわけではないのです。マンション経営においては上記の宇ような様々なマンション経営のリスクヘッジを考慮した上で開始すれば、安定した収益源となるでしょう。

自分の予算に合う業者を見つけるためにも、家賃相場を把握できるこちらを利用するといいでしょう。求めていた情報が得られます。

管理代行業者の質を調べる

マンション管理会社は増加傾向にあるため、悪質なサービスを掴まないため情報収集が重要になっています。情報収集において人気なのはマンション管理会社ランキングです。マンション管理会社ランキングは多数の業者が登録済みで視認性の面も優れているため人気を得ています。

Read More

事業用物件の経営とは

商業施設やオフィスビルは大きな家賃収入が得られるので、土地を持つ個人が賃貸経営に新規参入するケースも多いです。立地条件に合わせて物件を開発することがポイントであり、建物の取り壊しが楽なプランを選ぶことで、入居者に合わせて柔軟に対応することが可能です。

Read More

話題の宿泊施設

旅行を楽しむ人の間で話題の宿泊施設があります。それは、世界中にあり現地の人の住宅を宿泊施設として利用しています。AirBnBサービスを利用するには、サイトに登録する必要があります。

Read More